【お遍路を始める全ての人へ伝えたい】女一人旅~過酷なバイクDEお遍路

バイクお遍路〜女一人旅。 相棒は愛車(エストレア250cc)のベンジー。

「お接待」について〜 【バイクdeお遍路】

【スポンサーリンク】

【バイクdeお遍路】

「お接待」について〜

天狗-お遍路-バイク-バイクお遍路-結願-遍路バイク-バイク女子-四国お遍路-曼荼羅寺-お接待

ここでお遍路用語

 
「お接待」
 
お接待とはお遍路さんに食べ物や休憩所を提供したりすることを指します。
 
企業で「接待」と言えば、そうですね見返りを求めてする事がほとんどと言えるでしょう。
 
だがしかーーーーーーーーし!!
 
お遍路での「お接待」とはあくまでも無償
 
何故ならお遍路さんへのお接待は弘法大師への感謝を込めた無私の行為へと繋がると共にお接待をした側も廻ってる人と同じ恩恵が受けられるとされているのです。
 
なので中には「私の代わりに結願してね」
 
そういった想いと共にお接待されている方もいらっしゃるのでしょう。
 
ちなみにこういったお接待を受けた場合、受けた側も断ってはいけない事になっています。
 
が、1つ例外もあって。
 
「車で送ってあげる」
 
に関しては断って良いそうです。
 
体調不良なら未だしも、きっと「歩き」を選択された方には何か想いがあってお参りをされているのでしょうから😢
 
 
さて、父方の実家が香川なもので実はそういった話は幼少期より何度か耳にした事があります。
 
その聞いた中でも私が忘れられない話
 
やはり山奥ですからお遍路さんを見かけると
 
「車乗っていきますか?」
 
って声をかける人も少なくないそうです。
 
それで後部座席にお遍路の方を乗せて出発
 
まぁタクシー運転手あるある話と一緒なんですが
 
気づけば誰も後部座席に居ない😱
 
って話です。
 
でも何か強い思い入れがあってお遍路を廻ってる方も少なくなく
 
「癌を治したい!!」
 
とか
 
「家族のの命を救って欲しい!!」
 
とかきっと神頼みするしか無い様な願いを背負った人も沢山いると思うんです。
 
そういった人々の念であったり、自分が死んでもなお廻り続けてたり、ありえ無い話じゃないよなって思った、そんな日。
 
あ〜お遍路ってなんだろう。
 
色々考えさせられる。
 
完全に修行だわコレ。
 

【スポンサーリンク】